2021.4.26

MAツールvol.04|メールとHubSpotを連携

MAツールvol.04|メールとHubSpotを連携

HubSpotを活用するメリットのひとつに、CRMとの連携があります。
従来のメールツールではメールの送受信のみが行われるので、こちらからメールを送信した後は、お客様からの返信を待つだけとなってしまい、どうしても受け身になってしまいます。
HubSpotを活用することで、メールのトラッキングを記録してメールに対するお客様の反応を可視化することができます。お客様の反応に合わせて、次にどんなアクションを撮るか検討することが可能になります。
CRM(Customer Relationship Management):顧客関係管理

HubSpotメールを活用するメリット

1.現在使用しているメールと連携が可能

多くのメールツールと連携することができるので、一度連携の作業を実施するだけで、今まで通りに変わりなくメールを使用することができます。

連携可能なメール
・G Suite / Gmail
・Office 365
・Outlook

2.拡張機能を活用し、利便性アップ

Gmail向けのHubSpot Sales Chrome拡張機能、HubSpot Sales Office 365アドイン、またはHubSpot Sales Outlookデスクトップアドインをインストールすれば、直接アクセスすることができ、HubSpotの機能を利用することができます。

3.送信メールに対する顧客動向をチェック

拡張機能のトラッキングとログ記録の機能を使用することでEメールへのコンタクトのエンゲージメントの記録をモニタリングすることができます。トラッキング機能を有効にしてコンタクトがEメールを開封した時点でリアルタイムの通知を受け取ります。

4.顧客動向を社内で共有できる

HubSpotを介してメールを送付し合うことで、チーム内(社内)での過去のコミュニケーションをログとして残して共有することができます。情報共有の漏れが無くなり、お客様対応の質もアップできます。


HubSpotとの連携方法

まずは自分のメールアドレスをHubSpotへ登録して、HubSpotを利用できるようにしましょう。今回はGoogle Chromeと連携させてみました。

1.「Eメール連携」より自身のメールアドレスと連携

Eメール連携で自身のメールと連携させます。自身が使用しているメールツールを選択して表示される。 
連携可能なメール

2.拡張機能をダウンロード

メールアドレス連携後、ご自身でお使いのメールツールに拡張機能をダウンロードすることで、HubSpotを開かずともGmail上でHubSpotメールを介してメールを送受信することができるようになります。
拡張機能-png

3.拡張機能を活用し、業務を効率化

拡張機能を有効にすると、HubSpotの様々な機能をメールツール上で使用することができます。
メール

HubSpot拡張機能でできること

・新規メールアドレスをHubSpotのコンタクトリストへ追加
・事前に作成したテンプレート文を使用できる
・ドキュメントURLを発行
※HubSpotに格納した資料をメール送付時にURL発行して共有することで、資料を閲覧したかが分かります。
・トラッキング機能
※受信者がEメールを開封したかが分かります。

4.HubSpotを開くと全てのやり取りがログとして記録されている

HubSpotには、各コンタクトとのログか記録されているので、お客様とのコミュニケーションの記録を簡単に確認することができます。
HubSpot上でログが残ることで、メンバー全員が参照できることも魅力のひとつです。

まだまだたくさんの機能があるので、日々勉強していきます。MAツールに興味をお持ちの方は下記より気軽にお問い合わせください!!

このURLをコピーする
ブログ一覧へもどる