震災から4年・・・私たちはあの日を忘れない「アストン義援金プロジェクト」

2015kan 2015年3月11日。
あれから4年が経ちました。私達は業務の1つであった「缶バッジ」をチャリティーグッズとして販売し、アストン義援金プロジェクトとして、その売上すべてをあしなが育英会を通して被災者へ寄付してきました。

自分たちのできる事として、お客様やパートナー、同僚、家族、色んな方がチャリティーに賛同し、缶バッジ1個500円で購入していただき、目標としていた缶バッジ2000個、1,000,000円の寄付を達成しました。   時間が経つと共に今ではもうあまり報道されなくなった被災地の知られざる現状、復興どころか復旧もできてない現状、未だ仮設住宅に住まなければならない人達、ボランティアの力がまだ必要です。2015年の缶バッジデザイン「ちょっぴり優しいくつをはいてでかけよう」を作成しました。 ボランティアが初めての方もJTBボランティアツアーに是非参加してみて下さい。

「できる人が、できる時に、できる事をする」

アストンもJTBボランティアツアーを応援しています。
JTBボランティアツアー
http://jtb-volunteer.com/


寄付金は震災で親を失った子供達に送られるように、「あしなが育英会」を選びました。
震災孤児となった子供達とあしなが育英会を通じ、つながりを持っている事を忘れないために、そしてボランティアの大切さを忘れないために、この缶バッジを身につけて欲しいと思っています。

義援金缶バッジは「1個500円」で販売しております。ご購入頂いた全額をあしなが育英会に寄付させて頂いてます。ご希望の方は下記リンク先のフォームよりお問合せ内容に欲しい義援金缶バッジ(レインボーorひつじ)を記入してお送りください。折り返しメールにてご連絡させていただきます。

◯缶バッジお申込みはこちらから◯



R0011369

 

■2014年6月14日、アストン大竹がJTBボランティアツアーに初のボランティアへ行ってきました。 JTBボランティアツアー取材してきました!

 

■2013年3月16日、埼玉県主催のボランティアツアー【震災復興ボランティアバス「Saitama共助号」】に行ってきました。アストンではSaitama共助StyleのFacebookの運営のお手伝いをしており、アストンの社長とスタッフ数名、アストンに通う訓練生数名がボランティアに参加しました。

その時の様子:
【Saitama共助Style】
震災復興ボランティアバス「Saitama共助号」第二弾 レポート

関連記事:
古内が行くはじめてのボランティア
ボランティアに行く前にやらなきゃいけないことがありました

大震災に関連して社員へのメッセージ

カテゴリー: アストンの様子, アストン義援金プロジェクト報告   パーマリンク

コメントは受け付けていません。