震災から3年・・・私たちはあの日を忘れない「アストン義援金プロジェクト」

kizunajapa

2014年3月11日。
あれから3年が経ちました。私達は業務の1つであった「缶バッジ」をチャリティーグッズとして販売し、アストン義援金プロジェクトとして、その売上すべてをあしなが育英会を通して被災者へ寄付してきました。

自分たちのできる事として、お客様やパートナー、同僚、家族、色んな方がチャリティーに賛同し、缶バッジ1個500円で購入していただき、目標としていた缶バッジ2000個、1,000,000円の寄付を達成しました。
色々な人達のほんの少しの力で達成することが出来て、つながり、絆の大切さを再確認しました。
その思いを込め、2014年の缶バッジデザイン「KIZUNA NIPPON」を作成しました。

寄付金は震災で親を失った子供達に送られるように、「あしなが育英会」を選びました。
震災孤児となった子供達とあしなが育英会を通じ、つながりを持っている事を忘れないために、
この缶バッジを身につけて欲しいと思っています。

「使途自由・返還不要」の「特別一時金」として零歳(新生児を含む)から大学院生までの2082人に一律282万1964円を給付されたとのことです。
【あしなが育英会】東日本大地震・津波遺児支援へのご寄付についての報告 http://www.ashinaga.org/news/entry-831.html

kan_b欲しいデザインをお選び頂き、下記メールフォームでお申込みください。
お問合せ内容に欲しい義援金缶バッジを記入してお送りください。
折り返しメールにてご連絡させていただきます。
◯缶バッジお申込みはこちらから◯

 

■今から1年前の2013年3月16日、埼玉県主催のボランティアツアー【震災復興ボランティアバス「Saitama共助号」】に行ってきました。アストンではSaitama共助StyleのFacebookの運営のお手伝いをしており、アストンの社長とスタッフ数名、アストンに通う訓練生数名がボランティアに参加しました。

その時の様子:
【Saitama共助Style】
震災復興ボランティアバス「Saitama共助号」第二弾 レポート
関連記事:
古内が行くはじめてのボランティア
ボランティアに行く前にやらなきゃいけないことがありました

大震災に関連して社員へのメッセージ
アストンでは幸いにもけが人は出ませんでした

 

カテゴリー: アストンの様子   パーマリンク

コメントは受け付けていません。