震災から2年・・・私たちはあの日を忘れない「アストン義援金プロジェクト」

今日は3月11日、東北地方太平洋沖地震から2年がたちました。

「復興は進んでいる」という人もいれば、
一方「復興は進んでいない」という人もいます。

節電をする、被災されて働けない方たちの分まで働く等、みんなが一つになって東北の為、私たちの国、日本が元に戻るまで踏んばる、という気持ちを忘れずに持っていただくため、弊社の業務の一つである缶バッジをチャリティーとして販売します。

チャリティー缶バッジ1個500円

バッジデザイン|アストン義援金プロジェクトバッジデザイン|アストン義援金プロジェクトバッジデザイン|アストン義援金プロジェクトバッジデザイン|アストン義援金プロジェクト

アストンの缶バッチの売上はすべてあしなが育英会を通して被災者へ寄付されます。
震災で孤児となってしまった子供たちの為に使われます。
あしなが育英会では津波に父、母、家族を奪われた16人の遺児たちが書いた作文を収録した作文集「お父さんの顔」を発表しました。(PDF版はこちら

私たちの寄付した義援金はレインボーハウス建設に向けて使われています。
津波遺児の心のケアのための施設『東北レインボーハウス』~建設の状況についての報告~

古内さんが震災復興ボランティアバス『Saitama共助号』に乗りボランティアをします。
はじめてのボランティア

埼玉県県民生活部共助社会づくり課~Saitama共助Style~
https://www.facebook.com/saitama.kyojo.style

カテゴリー: アストンの様子   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>